東邦ウィーンアカデミーとは

東邦ウィーンアカデミーとは

 東邦ウィーンアカデミー(TOHOウィーンキャンパス)は1991年(平成3年)ウィーン市に「海外研修施設」として誕生しました。2001年(平成12年)に開設10周年を機にアカデミーをマリア・テレジアの夏の離宮「シェーンブルン宮殿」に隣接するマキシンガーシュトラッセに移転し、新たなアカデミーがスタートしました。
大学生は3年次に、大学院生は1年次にそれぞれ必修授業(短大生は2年次に選択科目※)としてウィーン海外研修を行います。平成26年度より開設します大学の演奏家コースでは4年間を通じて、毎年、年2回、ウィーン特別研修を行います。
[この海外研修に関わる費用は個人的な費用以外は授業料に含まれていますので、原則として、別途納入する必要はありません。]
 海外の音楽セミナーをホテルに滞在しながら受講し、観光もする一般的な研修旅行とは異なり、本学のウィーン研修は、音楽学修環境の整った当施設にウィーンフィルハーモニー等の団員、国立ウィーン音楽大学教授等、著名な演奏家、教育者を招いて本アカデミー内にてレッスン、授業を行っています。
 TOHOウィーンキャンパスを基盤に、一時的にウィーンの市民権を取得し研鑽することにより、ウィーンの文化とともに育まれてきた音楽、美術、建築などさまざまな芸術を体感し、音楽表現をより一層幅広く深いものにすることでしょう。

※短期大学は2年次の選択科目(任意)です。履修する際は別途費用が必要となります。

  • 国際的な視野で学ぶ東邦の音楽教育
  • ウィーン探訪
  • 教員レポート